マンガを描こう!~つけペン編~

P1010071

この「マンガを描こう!」シリーズは,”comict”の線画やペーパーなど「描くこと」担当のrikaが,今までの漫画生活の中で得た知識や基本的な漫画の描き方を書いていくシリーズです!「漫画を描きたいけど.描き方がよく分からない…」「そもそも道具って何を使えばいいの…」など,まだ漫画を描き慣れていない方にとって少しでもお役に立てるように色々書いていきたいと思いますので,ぜひご覧くださいませ〜.(※自分がアナログ人間なんで,記事の内容はアナログ100%となっております)記念すべき第一回目は漫画を描くときには欠かせない道具”つけペン”について書いていきたいと思います.

マンガを描くときには必須の道具つけペン‥そもそもつけペンって何??

つけペンとは丸ペンやGペン,スクールペンなどの種類がありインクにつけて使うペンのことで,ミリペンと違い漫画を描く道具なので,画材屋(世界堂,トゥールズなど)や大きな文房具屋のコミック用品コーナーに置いてあります.

うちにあるつけペン(上が丸ペンで下がGペンです)と愛用しているインク(開明墨汁)です.

さてこのつけペンなのですが,丸ペンが髪の毛や目・鼻・口そして背景などの細い線を描くのに適していて,Gペンが輪郭などの太い線や強弱を付けたい主線を描くのに適しています.そしてスクールペンは均一な線が描けるので,吹き出しを描いたり中には主線を描いてる方もいらっしゃいます.私が今まで見てきた感じだと,スクールペン・カブラペンはGペン,丸ペンに比べ使っている方が少ないと思います.

丸ペン=細い線が描け,細かい部分を描くのに適している.

G ペン=丸ペンよりも太い線が描け,輪郭などの主線を描くのに適している.

‥と覚えておくと分かりやすいんじゃないでしょうか^^

これも「Gペンと丸ペン両方をを必ず使わなければいけない!!」なんて決まりはないので,自分のしっくりくる物を選ぶのが一番じゃないでしょうか^^

少女漫画の先生だと主線もすべて丸ペンで描いてらっしゃる先生もいますし,逆に少年漫画の先生は迫力を出すために全部Gペンで描いてらっしゃる方もいます.

(余談ですが井上雄彦先生は「バカボンド」を描くときはすべて筆を使って描いてらっしゃるみたいです.さすが井上大先生です!すごすぎます!)

実際に丸ペンとGペンを描き比べてみると‥

それでは実際にうちにある丸ペンとGペンを使って試しに線を引いてみたいと思います.

こうやって見るとかなり太さの違いが出ますね.上には書いていませんが,他にもスクールペンやかぶらペンなどがありますが,両方とも丸ペンよりは線が太く,Gペンよりも強弱が付きにくいと言う特徴があります.(家にないため写真を載せられず.すいません…)

丸ペン,Gペンほど慣れるのに時間はかからないのですが,強弱がつきにくいため使っている作家さんは少ないみたいです.

実際に私がいつも通り人物に線を入れるとこんな感じです.

絵が下手&線がへろへろで見苦しくてすいません(泣

色々なメーカーのペン先があるけど何を使ったらいいの?

そしてこのつけペンですが.同じ丸ペン,Gぺんでもさまざまなメーカーさんが出しています.初めて画材屋に行く方などは「色々ありすぎてどこのを買っていいかわからないんだけど‥」となる方もいると思います.実際私もそうでした^^;

画材屋によく置いてあるのは「ゼブラ(ZEBRA)」「日光(NIKKO)」「タチカワ(tachikawa)」の三種類かなと思うのですが,このつけペン…

メーカーさんによってかなり描き味が違います!!

ことわざで「弘法筆を選ばず」と言うのがありますが,漫画のつけペンにいたっては筆を選びます.

実際私も専門学校に通ってた頃はとりあえずゼブラを使っていて丸ペンがどうしても細い線が描けず悪戦苦闘していましが,先生に色々聞いて日光の丸ペンを使ったらかなり描きやすくてびっくりしました!

どうやらペンに慣れてなく,筆圧がやたら強いので自分には合わなかったみたいです.

私には合わなかったのですが慣れると一番細い線が描けるのと入り抜きが綺麗に出るとの理由で,丸ペンの中ではゼブラが一番人気みたいです.

ただどうしても「日光」や「タチカワ」比べ柔らかいので,力加減が難しく書き慣れていない方には描きにくく感じるかも知れません.なので少女漫画を描いてる方なんかは繊細な線が描けるといいと思うので,初めは「日光」や「タチカワ」で練習して慣れてきたら「ゼブラ」を使うのもいいかもしれませんね.

ペン先に関しては,目指してるマンガのジャンルや人によって使いやすいと思う物が全然違うので「オススメはこれ!」とは言えません.実際に何回か使ってみてしっくりする物を選んでみてください

画材屋では一本単位で売ってたりするので,ぜひ色々なペン先を試してみてください.

今は色々試した結果,私の場合は
背景や効果線などの直線をひくとき→タチカワの丸ペン
髪の毛や口・鼻・目などの直線以外の細い線→日光の丸ペン
その他の主線→ゼブラの丸ペン
ってなりました.

まだまだ勉強中なのでこれからどんどん変わっていくかも知れませんが,今のところは上記のような感じで落ち着いてます.

ペン先はデリケート!?ペン先を使うときの注意点

ペン先には錆びないように薄く油が塗ってあります.なので使い始めはインクをはじいて描きにくかったりします.なのでインクにつける前に水につけてティッシュでふくなどして油を落としてから使うと,より使いやすくなると思います.

そしてペン先は永久的に使える物ではなく,一日置いたりするとサビて一気に使えなくなるので,こまめに変えてください!こまめにティッシュで拭いたり,使い終わりはちゃんと水で洗って拭いたりすると長持ちします

そしてペン軸なのですが,丸ペンには丸ペンのGペンにはGペンのそれぞれのペン軸がありますので,間違えないように気をつけてくださいね^^そして同じ丸ペンのペン軸でもペン先と違うメーカーのペン軸を使うと微妙にサイズが合わなかったりするので,ペン先にペン軸がちゃんと合ってるかどうかチェックしてから買って下さいませ.

ーー今日の一言ーー

私も何回か間違えてペン先に合わないペン軸を買ってしまい,知らない間にペン先ゆるんでていきなり取れてかなりびっくりしたと言うことがあります

コメント

2017/02/01 04:58

鈴木羽夢菜

どのサイト見てもしっくりこなかったんですけど、とても役に立ちました!ありがとうございます!私も自分に合ったペン探しをしようと思います。
それと、絵がすごく上手でびっくりしました笑

2017/02/01 20:42

rika

コメントありがとうございます!絵まで褒めていただいて、とても嬉しいです…(涙)
少しでも作品制作のお役にたてたら幸いです。
私もまだまだ勉強中なので、お互い頑張りましょうね(*^_^*)

Leave a Reply